生徒さんの声(保護者の方のお声より)

小学5年生

たのしくレッスンを積み重ねて、いつの間にか大きく成長しました。音符も読めなかった入会当初がウソのようです。
この間、一度もピアノをいやだとも言わず、次回を楽しみに練習しているのが、私にとっても嬉しいことです。先生が子供の性格に合わせて上手くやる気を引き出す取り組みを常に考えてくださるお陰と思います。
本人ももっとうまくなりたいという欲があるようです。

 

小学4年生

学校の合唱伴奏に挑戦したいそうで、壁は高いんですがやれるだけやってみると練習しています。
ピアノレッスンで佐藤先生に相談してみるとルンルンでしたので、そのまま送り出しています。

講師より

とても熱心に練習して、いい勉強になっている様子です。

 

小学1年生

朝からピアノに向かっています。
今のところ、毎日練習を頑張っています。
今度のレッスン迄、毎日やると目標をたてたみたいです。

講師より

おうちが遠い生徒さん、それでもご近所の教室よりSATO音楽教室にどうしても通いたいと続けてくれています。

 

小学2年生

子供達がピアノを楽しく習える先生に出会えて、とても幸せです

 

小学1年生

音符カードの練習で、譜読みがぐっと早くなりました。

 

年中

上の子についてきていて、今年憧れのピアノレッスンを始める事になりました。

 

成人の方

こどもはリトミックを3年間学んできて、今年からピアノコースへ移行しました。母の私も弾きたい曲があるので、一緒にピアノレッスンを始めています。

講師より

レッスンで演奏していただくと少し緊張されていらっしゃいますが、とてもいい音と感性をお持ちです。

 

リトミックの生徒さん 年少クラス(ステップ3)

レッスンの構成が堅苦しくなく、本人も嫌がらずうかがっています。

 

一歳半(ステップ1)の入会当初から楽しいレッスンで、大好きです。
親がやらせたいことをやらせるのは難しいですが、楽しいと思うことを小さいころから年齢に合わせてやるのがリトミックがよかったです。 いきなりピアノレッスンではおそらくやらなくなってしまったかもしれません。
親として支えていただいたのも続けている要素です。 週一回レッスンに来ること→プレに通うこと→入園するという流れでよかったと思います。 いきなり集団生活だと、親子の負担も大きかったと感じます。

 

リトミックを習って帰ってくると真似したり、教材を出して、先生役をして、お父さん、おばあちゃんを生徒役としてやってくれます。

 

リズム感につながるかはこの先わからないが、年少の現在、鍵盤ハーモニカも好きになっています。

 

お友達とやるのが楽しいと言っています。

 

リトミック研究センターの教材がいろいろあるので、飽きずにやってくれています。

 

 

▲上に戻る